読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT関係の個人事業主の徒然なる日記

大まかにIT系と呼ばれる仕事を自営業として営んでいる者の日記です

エイブラハム・リンカーン

米国の歴代大統領リンカーンを題材にした映画「リンカーン」を見た。

映画の内容が概ね真実ならば、彼は人生の最後まで奴隷解放のために尽くした人である事に違いはないようだ。

あまりに印象的で記憶に残っている言葉が頭から離れない。

引用という形で紹介させてもらうことにしよう。

時代は南北戦争末期。時は南軍が降伏するかという場面で、北部のリンカーン大統領と国務長官、机を挟んで南部の代表として副大統領アレクサンダー・スティーヴンズ、以下で話す場面になる。

リンカーン大統領が戦争の継続は愚かで降伏するべきだと解くシーンで

リンカーン

我々が法律というものに従うのであれば、いいかアレックス、自由を失う事だってある。
それは例えば人を抑圧する自由をだ。
過去には気付かなかった様々な自由が見つかるかも知れない。
君たちが民主的プロセスを守ってさえいれば。
時にもどかしくはあっても・・・

If we submit ourselves to law, Alex, even submit to losing freedoms...
... the freedom to oppress, for instance.
We may discover other freedoms previously unknown to us.
Had you kept faith with the democratic process, as frustrating as that can be...

それに反発した南部連合の副大統領がこう切り返す

やめてくれ。政治理念がどうだとか、少なくともそんな説教などされたくない。
我々に選挙で勝ったというのか?どうやって連邦をまとめてきた?
民主主義でか?
政権を取ってから一体どれだけの人間が死んだ?
連邦を結束させているのは「大砲」と「死」だ。違うか?

Come, sir.

Spore us, at least, these pieties.

Did you defeat us with ballots?

How have you held your Union together?

Through democracy?

How many hundreds of thousands have died during your administration?

Your Union, sir, is bounded in canon fire and death.

それを聞いて最初は心持ちうつむきながらリンカーン大統領はこう返す。

確かに、その通りかも知れん。
それでも我々は、世界に対し民主主義はカオス(chaos=無秩序)ではないと示せたかも知れん。
人々の結束には何か目には見えない偉大で力強いものがあり、民衆は耐えがたい犠牲に絶えながら、それでも団結できると言う事を示せたのでは?
憬れるに値する民主主義の理念を守ったとは言えないか?
いずれ、立派に育つであろう理念を・・・
いずれにせよ、血と犠牲によって証明されるものはすでに十分証明されたのでは?
戦争はもう終りだ。

It maybe you're right.

But say all we done is show the world that democracy isn't chaos.

That there is a great, invisible strength in a people's union.

Say we're shown that a people can endure a awful sacrifice and yet cohere.

Mightn't that save at least the idea of democracy to aspire to?

Eventually to become worth of?

At all rates, whatever maybe proven by blood and sacrifice must have been proved by now.

Shall we stop this bleeding?

作品から伝わって来るリンカーン大統領は独裁的に振る舞いながら、必ずそのよりどころとして国民の支持をないがしろにはしなかった。

奴隷解放の努力に関しても、自分は正しく法にも見合っていると思うと同時に、間違っているかも知れないとも感じていたそうだ。

長い月日を経て、黒人の士官も、黒人の大佐も、黒人の選挙権も現実のものとなり、黒人の大統領も現実のものとなった。

人々の猜疑心を駆り立て民主的なプロセスを否定するのはたやすいかも知れない。

それでもこれから米国に女性やアングロサクソンの大統領が誕生するのであれば、それは21世紀も米国が繁栄を続ける1つの兆しになるように思える。

一直線にそうはいかないかも知れない。

そう、「時にもどかしくはあっても、民主的プロセスを守っていれば」。

そういう国が結局は長い目で見てうまくやって来た。恐らくこれからもそうだろうと信じる。