IT関係の個人事業主の徒然なる日記

大まかにIT系と呼ばれる仕事を自営業として営んでいる者の日記です

師走

先生も走るから師走というらしい。
普段先生は走らないのか・・

まぁそんなことはどうでも良く、今とても忙しい。
色々とめまぐるしい。今年は変化の年だったといってもいい。
相変わらず円相場は下落し続けている。
日経平均株価はNYダウを上回った。
年末に衆院解散総選挙が行われる。
解散の是非については今頃論じても遅いだろう。政局というものがあるのも理解できる。

今、日本人が望んでいるのは穏やかな衰退ではなく希望的な復活なのだと思う。
これまで積み上げてきた多額の円建ての政府債務を円の価値の希薄化で吹き飛ばし、労働人口の減少を様々な技術的ブレイクスルーで克服しようとしている。

計画された衰退は先が見通せるが、希望がない。
破壊的創造を伴う賭けは先が見通せないが、希望がある。
同じ未来なら分からない方がいい、希望がある方がいい、そう考えているように思える。

それがどんな未来なのかまだ分からないが、うまく人生を歩んでいけるだろうか。