読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT関係の個人事業主の徒然なる日記

大まかにIT系と呼ばれる仕事を自営業として営んでいる者の日記です

iPhone6 Plusを店頭で見てみた

今日、事業用の口座の通帳記入に街中に出た際に金もないのにふらふら〜とビックカメラに吸い寄せられて、店内を見ているうちに初めて実機のiPhone6 Plusにお目にかかった。
正確にはiPhone6も見たはずなのだがPlusしか目に入らなかった。

見た感じはiPad miniを一回り小さくした感じ。
やっぱりこのサイズは需要あると思う。
ちょっと大きいけど、タブレットスマホの両方を持ち歩くのが面倒な大多数の人に需要がある。

自分はiPad AirXperia Z1の2台持ちだがXperia Z1がもう少し大きかったら1台で済ますと思う。
やっぱり目的の似通った端末を何台も持ち歩きたくないという人は多いのだ。

事実、iPad Airを持ち歩く機会は少ない。わき腹に抱えていると落としそうだし、iPadが入るような大きな鞄は持ち歩かないし、そのまま持っているとどこかに忘れてきてしまいそうだからだ。
結局iPad Airは家の中で電子書籍ビューアとか、電子ペーパー代わりとか、パソコン使いながらのサブマシンとか、別に貶しているわけではないのだが、いつでも肌身離さず持ち歩くというようなデバイスではない。少なくとも自分にとっては。

一方iPhone6 Plusはスマホとして日常持ち歩けるギリギリのサイズであって、タブレットとしての役目も兼ねる程の画面の大きさだ。

それに加えてiPhone6 Plusの薄さが持ち運びにくさを軽減している。丸みを帯びたデザインも持ち歩きを苦にしない。
人気に火が付いたのもうなずける。

欲しいなぁ・・・今は買えないけど・・・