読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT関係の個人事業主の徒然なる日記

大まかにIT系と呼ばれる仕事を自営業として営んでいる者の日記です

ニトリへ突撃。そして帰還・・・オフィスチェアを購入

価格として2万円は超えないように、という予算を設けた上で色々な店を見て回ったがやはりニトリは安い。
同じような椅子がイオンでは1万8千円くらいだったのが1万4千円で手に入った。

買ったのと同じ型の展示品がこれ↓
f:id:tyusuke88:20141011192728j:plain

感想。。
イイ!すごくいい!
リクライニング機能はちょっとビビる。後ろに倒れるかと思う。
でもまぁ、前の椅子が堅かったのでとても快適だ。

ただ組み立てるのにちょっと疲れた。。。
接客も、札を渡して会計済ませて、後は荷台に載った品物渡されてハイどうぞって感じ。
まあだから安いんでしょうけど。。

とりあえずそこそこの安価で質のいいオフィスチェアが手に入ったので満足です。

液晶モニター購入

今まで事務所兼自宅の職場環境があまりにひどかったので、まずはモニターから買い換えてみた。
元々はデュアルディスプレイだったのが、片方が故障し、もう片方もディスプレイの表面が損傷して見にくい状態だったので、ある程度大きいディスプレイを1つ購入した。

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM


使ってみた感想は・・・うん。見やすい。見やすいと仕事も捗る。
画面は大きいしきれいで見やすい。
若干まぶしいけど、調節して明るさを抑えることも出来るし、ブルーライトカットモードなるものもあるので(色温度を赤よりにするだけだと思うけど・・・)目にも優しいかも知れない。
深夜の作業の場合は一番赤っぽくなるモードにするとサーカディアンリズムを崩しにくい、かも知れない。

ビジネス用途として使うには必要にして十分。ゲーム用途でも(ゲームあまりしないので分からないけど)使えるんじゃないでしょうか。

実はこのモニター買ったのはちょっと前の話です。

次はオフィスチェアを買おうかと思います。
大体目星はついてます。
ニトリへ突撃します。

Dropboxプロにアップグレードしてみた

仕事柄、案件のデータをドロップボックスで管理することが多い。
顧客が、案件のファイルをDropboxで共有したいというケースが多いからだ。

Dropboxで便利なのは、ファイルの更新履歴が残ることだ。
間違って上書きしてしまったファイルを履歴から掘り起こせたおかげで助かったことが何度あったか・・・

ちなみにこのDropbox、削除したファイルも復元することが出来る。
しかし、削除しても後から復元できるから、と安易に終了済みの案件のファイルを削除したら復元できなかったことがあった。
どうやら、削除した後に復元できる期間に限度があるか、それとも履歴分のファイルの合計サイズがDropboxの容量の上限を超えると完全に削除されるようなのだ。

ということで、Dropboxプロにアップグレードしてみた。
よく分からないのが、エクステンデッドバージョン履歴という月に450円プラスすることで付けられるオプションだ。
1年間の履歴を復元できるオプションらしい。
この1年間の履歴というのは"1TBを超えた部分"でも、という意味で、付けなくても1TB以下のファイルの履歴は保護されるのだろうか?
だとしたらいらないオプションだが・・・
でも一応付けてみた。

そもそも、1TBは無料バージョンと比べて容量が飛躍しすぎて何に使えばいいのやら・・・

と思っていたら、はてなブロガーさんがDropboxプロの有効な使い方について記事を書いてらっしゃるようだ。
「DropBox Pro」の容量1TBを有効活用する方法 - シアトル生活はじめました

iPad AirのOSをiOS8.02に更新してみた

問題なく動いている。
対応が遅れていたアプリも対応が大方すんだようだ。
日経ビジネスViewer for iPadも問題なく閲覧できるようになった。

iPhoneを使用してる人で、iOS8.02でなにか問題があるという人はまだいるのだろうか?

ちなみに何が良くなったかって、大して変わってないような気はする。
Siriがちょっとアホになった。
気温を聞いても、○○市○○区○○町の気温は分かりません。
とかいわれちゃうし。
まぁ、その内直ると思うけど・・・

32GBのやつにしておけば良かったかなぁ・・・
まぁいいや。。。

iPhone6は不良品なのか?

ここの所iPhone6・同6Plusに関しての不具合の報道が続いている。
その不具合は大雑把にハードの面とソフト(OS)の面についてだ。

ハードの面で大々的に報じられているのは、本体が"曲がる"というものだ。
この現象は合計で9件報告されているそうだ。
しかし、自分の聞く範囲でiPhone6を買った人で本体が曲がったという話は聞かない。

iPhone6/6Plusは発売から3日で1000万台を超えて出荷されている事を考えると、よほど乱暴に扱ったが故に曲がっただけではないだろうか?
ここに、iPhone6・6Plusの耐久試験を行ったという実験結果のサイトがある。
結果を見ても、さほど頑丈なものではないが、過去のiPhoneよりは丈夫、というのが結論のようだ。

次はソフト(OS)の不具合だ。
最初にiOS8がリリースされてから、不具合が報告されていたが、その後すぐに8.01がリリースされ、問題が逆に広がったようだ。
現在、8.02がリリースされているが、8.02では、おおむね問題は無いようだが、iPhone6ユーザーの一部からは、キャリアを通じた通信が出来ないという報告が上がっている。
自体は流動的のようだ。

この件に関しては多少Appleに同情的だ。
iPhoneの発売に合わせてスケジュールを前倒しして作ったであろう新OSに問題が見つかり、蜂の巣をつつくような騒ぎになっている所で修正版のリリースを余儀なくされた訳なので。。。

急いで作ったものがろくなものにならないことは経験的に知っている。
iOS8.01よりiOS8.02の方が不具合の規模が小さければ御の字ではなかろうか。

アップルは落ち着いた対処でとりあえずiOS8.02を精査し、問題が見つかったらまとめて修正してiOS8.10という形でリリースした方が良いのではと思う。

まさにバグがバグを呼ぶバグのケスラーシンドロームのようだ。
ユーザーも少し落ち着いて、正式な修正版を待つ方が結果的にはいいと思う。

ちなみに自分はiOS8.0でiPad Airを使っているが、OSそのものの不具合は使っている限りはない。

まとめると、期待が高かった分不具合に対する失望が大きかったといえるが、焦らず事態の収拾を見守るのなら、今のAppleに業績悪化につながるような致命的な"バグ"が出てきたとは思えない。
むしろ、1000万台を超える新型iPhoneの売り上げがある事を考えるとそれほど株が売り込まれることはないように思われる。

9/25、NASDAQ市場にてApple株は前日比-3.81%安の97.87米ドルだ。
手元のお金に余裕があれば欲しいのだが・・・